プロフィール

ゴルゴkage

  • Author:ゴルゴkage
  • お宝作品紹介します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



訪問履歴



ゴルゴKAGEコレクター
コレクションを紹介するぜ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成しました。次のステップへ!

完成しました。次のステップへ!

ザクが完成しました。しばらく飾っておいたら、

何か茶色っぽくなってきました。。どういうことだ!

 

まぁこれはこれで戦闘イメージがあっていいのだが・・
ていうか、俺、ガンダムのストーリーあんま知らないんだよね・・・
ストーリーを知ってたら感動が100倍だろうけど、
とにかく完成したので良かったです。

次のステップは、車にチャレンジしてみた。
ガンプラに比べれば格段と組み立ては楽である。

しかし、楽である反面、そこには「落とし穴」があるわけだ。

内装が筆塗りじゃなきゃ駄目なのである。
パーツもガンプラと比べると繊細でなく
結構手抜きな部分もある。まぁ買った物が安物だったんで仕方がないけど。。



日産350Zに挑戦してみた。ここまでは普通にスプレーで吹いただけだが。。



けど、内装部分にあたる運転席の部分とかごまかしがきかねーんだよ。
筆で「プルプル」震えながら塗りました。



ちょっと見にくいけど、パテで「アタタタッ」って筆で叩いてその上から
ヤスリをかけてスプレーを吹いてみた。
何か微妙な出来だ。

まぁあとは、適当に接着して組み立ててから
最後はコーティングして終わりにしたい。

う~ん。正直、車だから大丈夫だろうとなめてたんで下調べなしで
作業に入ったのでちょっと後悔してる。。

適当に作ってみるわ。







スポンサーサイト
人生ってうまくいかね?よな?

人生ってうまくいかね~よな~

こんにちは。自分では「よっしゃ!うまくいってるだろ!」って思っても結果はついてこないもんですね。。
ザクのプラモを作ってつくづくそう思ったよ。実際に仮に組んで見たんだけどさぁ、色々と塗り残しがありました。
再度、塗装をしなくてはいけません。とほほほ~
これはあくまでも仮組みの段階だからな!わかってる?特にY氏?君に言いたい。

これをまず完成させ、次の作品に期待してくれよな!

人間、切り替えも大切だ。

 kari 010

Fuck you!!ポーズをするザク

kari 001 

ザクの頭です。あんまりグラデーションが効いてない・・

kari 002 

ブツブツで鉄の表現をしてみたんだけど右と左の色のバランスがとれてない・・

kari 003

足の部分はまぁまぁの出来だ。やすりがけが効いたな!

kari 004 

うーん。微妙な感じ・・

kari 005

肩の部分もブツブツの表現をしてみた。

kari 006

何なんだよ!この白い粉みたいなの!ウェザリングにしてはちょっと??

kari 007 

腕の部分です。何かゴッテリとしてしまった・・

kari 008

コクピットまでこだわってみたが、、納得いかんよ・・

kari 009

盾の部分も戦闘後のイメージがでてるでしょ?

 

 


君は釣りが好きか?

君は釣りが好きか?

好きだという人は、きっとプラモ作りに向いていると思う。
嫌いだという人は、プラモ作りには向いてない。。
外で汗かいて遊べ。

プラモ業界にもMAX塗りという技術があるらしい。。
下地をベースに徐々に色を立ち上げる塗装技術だが、、

これがまたしんどいわけよ・・・

下地を緑で塗ってみたんだけどさ・・(左のパーツ)
そこから少しづつ薄い色を塗ってみた(右のパーツ)
けど、何かゴッテリとした感じになってしまった・・

これも失敗かな??
でも、この写真では光がかなり反射されているが、
実際はもっとグラデーションがかかってかっこいい出来なわけよ・・

そのMAX塗りというは、プラモ業界では、有名な
MAX渡邊という人が開発した塗り技術だけど、
かなり根気と集中力がいるよ。

僕は釣りは好きではありません。でも、出来ないと悔しいじゃん。
つーことで何とか頑張ってみるよ。


完成したときの感動を味わいたいからさ。

 

 

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。